電話番号: +86 13763292090 (ジミー)
|
|
|
|

自分に合った「ベースメイク」の正しい選び方とは?

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2021-08-09      起源:パワード

facebook sharing button
twitter sharing button
line sharing button
wechat sharing button
linkedin sharing button
pinterest sharing button
whatsapp sharing button
kakao sharing button
snapchat sharing button
sharethis sharing button

ベースメイクの質感の観点からは、リキッドファンデーション、プレストパウダー、BBクリーム、クッションクリームなどがあり、メイク効果の違いの観点からは、ヌードメイク、マットメイク、セラミックなどさまざまな要件があります。肌。肌質に基づいて、適切なメイクアップ製品を選択していますか?


乾燥肌の方は


保湿力の高いベースメイクアイテムがおすすめです!保湿力の高いパウダークリーム、化粧水状のファンデーションでツヤ肌に仕上げます。ミスト状のメイクアップ効果がお好みの場合は、テクスチャーとしてメイクアップを選択できます。しっとりとした質感で、押し開くとベルベットのような滑らかなリキッドファンデーションが現れます。対照的に、パウダー製品は肌をさらに乾燥させるだけなので、できるだけ避けてください。さらにひどい場合は剥がれの原因にもなります。


肌が油になりやすい場合


脂性肌は乾燥肌とは逆に、プレストパウダーやパウダーなどのパウダー状のファンデーションが適しています。より隠蔽力を求める場合は、ファンデーションクリームなどのしっかりとしたベースメイク製品を選び、ツヤ感を重視したものやパールパウダーが配合されているものはテカリが目立つので避けましょう。


普通肌の方なら


正常な肌は、脂っこくなく、乾燥せず、弾力があり、毛穴がなく、血色がよく、つやがあり、老化しにくい健康的な理想的な肌です。このタイプの肌は、リキッドファンデーションやBBクリーム、CCクリームなどのリキッドファンデーションを選びやすいです。


肌に老化の兆候が見られる場合


必要なのは、ベースメイクの軽いつけ心地と、メイク後の肌への負担を避けることです。加齢による輪郭や小じわが目立ちやすくなるだけでなく、肌を柔らかくふっくらと保つために、水ベースのベースメイクとムースベースメイクが適しています。メイクやコンシーラーも適切に仕上げることができます。さらに、アンチエイジング効果のあるベースメイク製品を選ぶこともできます。